一時帰国の短期利用にイオンモバイル格安SIMが便利だった【2019年】

一時帰国の短期利用にイオンモバイル格安SIMが便利だった【2019年】

3ヶ月間だけイオンモバイル格安SIMを使ってみた【2019年】

海外留学前に日本の携帯電話を解約していたので、帰国すると携帯番号が無い状態になった

次の留学に行くまで3ヶ月間あるのでその間は日本の携帯番号を持っていたいんだけど、どこが良いんだろう?

携帯本体はSIMフリーのものを持っているので、短期で使えるSIMカードさえ手に入れば良いんだけどな〜。

と思いながら探したら、自分にぴったりのものはイオンモバイルだった。

空港SIMは高すぎる

すぐ使いたいならと、空港で買えるSIMカードも考えてみたんだけど、データ通信のみのプランがほとんど。

やっと見つけたデータ通信&音声プランはデータ1GB15日間で5000円超えというバカ高いプランだったので、あっという間に選択肢から消してしまった。

一時帰国中にイオンモバイルを選んだ理由

店頭でSIMカードを受けとりたい

帰国してから10日くらい関東の親戚や友人宅を数日ずつ転々とする予定だったので、出来るだけ早く電話番号を手に入れて連絡が取れるようになっておきたい。

格安SIMだとネットで申し込んでSIMカードを郵送してもらうところが多いけど、2〜3日毎に点々と移動するので郵送で受け取ることができない

なので店頭でSIMカードをもらえるところを探して、イオンモバイルにたどり着いた。

イオンモールなら親戚の家の近くにもあるし、1時間くらいで手続きできるらしいからうってつけ。

契約期間の縛りがなく解約金がかからない

格安SIMは安いだけあって最低利用期間や解約金が設定されているものが多い。

今回3ヶ月しか使わないことが初めから明らかだったので、短期間で解約しても大丈夫なものが良い。

イオンモバイルは最低利用期間がなく、解約金もかからない珍しい格安SIM

プラン豊富で使いやすい

一番人気の音声4GBプランでも1580円/月と格安

家ではWiFiに繋いで、外出時に地図を調べたりツイッターをしたりするくらいなら4GBあれば十分。

契約はイオンのカウンターで1時間で完了

親戚の家の近くのイオンモールでイオンモバイルを取り扱っているのを確認して、お店の電化製品売り場のカウンターへ。

【契約に必要なもの】

・本人確認書類(運転免許証など)
・クレジットカード

日常使いに不自由なし

電話は普通に使えるし、通信速度も問題なし。

そもそも外で動画を見たり通信ゲームをしたりしないので、通信速度が多少遅くても気にならないというのもある。

解約がちょっと面倒だった

解約はイオンモバイルお客様センターの電話(0120–025-260)でのみ受け付けている。ホームページやメールでは解約できない。

2週間後に解約したいと思い電話をしたところ、

当日解約しかできないので後日改めて連絡をください」と。

ええー。忘れないように前もって手続きしておきたかったのに…(´・_・`)

しかも、2月1日までは使いたいと伝えたところ「月初めの解約でも1ヶ月分の料金が発生します」と。

うぬぅ。

とは言えこの3ヶ月間不自由なく携帯が使えたのはイオンモバイルのおかげなので文句は言えないな。

【解約に必要なもの】

・本人確認情報(名前 / 生年月日 / 住所 / 契約電話番号 もしくは連絡先電話番号)
・simカードののICCID
 
あと、月最終日は解約手続きができないので注意が必要。

海外からの解約は+81-045-522-7595へ

 
私は出国の時の空港待ち時間ででも解約しようと思っていたが、まさかの飛行機遅延→キャンセル→変更諸々トラブルで電話を解約する時間なんか全くなくなってしまった
 
そんなわけで、留学先に到着してから解約の手続きをすることになったのだが、海外からだとフリーダイヤルにつながらないので別のカスタマーサービス番号(+81-045-522-7595に電話する必要があった。
 
お手続き電話によくあるパターンで、カスタマーサービスの人に繋がるまでかなり時間がかかった
 
国際電話なので通話料がかなりかかってしまった。解約は国内にいるうちにやった方がいいと思った。
 
いや、自分も国内にいるうちに解約しようと思っていたんだけどね…。
 

 
海外から解約する羽目になったので解約が面倒だったけど、日本にいる間不自由なくスマホが使えたので本当にありがたかったイオンモバイル。
 
留学から帰ったら多分また使うと思う。
 
では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ
 

留学準備カテゴリの最新記事