マルタ留学で自力でアパートを探そうとして諦めた話

マルタ留学で自力でアパートを探そうとして諦めた話

マルタ留学で自力でアパートを探そうとして諦めた話

語学学校が斡旋してくるアパートって高くない?

マルタの語学学校は学生用アパートを持っていることが多いので、授業とアパートを一緒に申し込むことが多い。

アパートの場合は最大4人のシェアアパートの一部屋をあてがわれることが多い。

部屋の種類は二人部屋一人部屋シャワートイレ付き一人部屋の3種類。

値段は

二人部屋 €170〜200/週(9〜10万円/月
一人部屋 €240〜270/週(13〜14万円/月
シャワートイレ付き一人部屋 €300〜350/週(16〜18万円/月

光熱費・インターネット・電化製品・家財・清掃管理費含めての料金なんだけど、シャワートイレ付きの一人部屋になるとかなりの金額になる。

今回マルタに最長1年の長期滞在を考えていたので、節約のために自分でアパートを探して借りることはできないだろうかと思いついた。

マルタの不動産検索サイトで安い物件を探してみた

たまたまミートアップで会話した人がマルタで不動産関係の仕事をしているということだったので、アパート検索サイトを教えてもらった。
↓↓
https://www.propertymarket.com.

このサイトを使って、語学学校のアパートが沢山あるスリーマという地区で、1ベッドルームのアパートを検索してみた。

!(◎_◎;)

え!?
高くない!??

2ベッドルームで€900があるけど、一緒にシェアするほど親しい友達は居ないし。€1000になると学校アパートの一人部屋とほぼ同じ値段になるのでアパート契約や引越しの手間を考えると移動するメリットが少ない。

安い物件を探したいんだよ!という気持ちを前面に押し出して、最高額€600にして検索しなおしてみた

一気に数が減って4〜5件しか表示されなくなった。2月だったので人の移動がなく空き物件が少なかったのかもしれない。

不動産屋に話を聞きに行ってみた

日本の学生向けワンルームアパートでよく見かける間取り。なんだか見慣れた間取りなので親近感。

このアパートを扱っている不動産屋が徒歩圏内にあったので話を聞きに行ってみた。

スリーマの海岸沿い、不動産屋が立ち並んでいる一角にあった。

閉店近くに訪問したので、アパート担当の人が居なかった

とりあえず「自分は外国から来た学生で、半年〜1年くらい滞在できるアパートを探している。今は語学学校が持っているシェアアパートに€900/月くらいで住んでいるので一人用の安いアパートを探している」と説明してみた。

シェアアパートなのに€900も払ってるの!?と驚かれたので、この値段はシェアルームとしてはかなり高いようだ。

ただし一人用の部屋を探すとなると話は別で、そもそも一人用の1ベッドルームアパートが少ないし、最近マルタは留学先や観光地として急に人気が出てきたので不動産バブルのような状態になっていて、アパートの家賃も鰻登りに高くなっているらしい。

翌日、別の不動産屋にも行ってみた

近くにある別の不動産屋が扱っている物件もあったので、翌日訪ねてみた。

このアパートはマルタ大学近くのイムシーダという地区にある。語学学校にもバス1本で行ける場所。


先日訪ねた不動産屋とは道を挟んで隣にある。結構大手の不動産会社のようで、他の街中でもちょくちょく見かける。

因みにスリーマの海沿いは不動産屋が多く、道を歩いているとアパートやマンションの広告が張り出されているのをよく見かける。リゾート地という土地柄、高級マンションを売り出しているところが多い。

この不動産屋で、ウェブサイトで見つけた物件について聞いてみたら何でこの物件がホームページに乗っているのか分からないけど、このアパートが空くのは3ヶ月先よ。全くおかしな事もあるもんだわ!」と。

いや、御宅のホームページですやん。

時々出くわすな、この島クオリティ。

600〜700ユーロで借りれる一人部屋がないかと聞いてみたがこの辺りにそんな安いところはもう無いよ。今あるのは700ユーロで、光熱費別・インターネットなし・エアコンなし。それに古くて狭いよ〜。語学学校の学生なら学校に紹介してもらう方がいいよとのこと。

参考までにアパートを借りるための身分証明なんか必要かどうか訪ねてみたら、「パスポートコピーがあればOK」と。

日本のように保証人や敷金礼金といったものは必要ないらしいので、外国人留学生でもアパートを借りること自体は問題ないようだ。一応、最低6ヶ月間からの契約にはなるらしい。

学生一人でアパートを借りるのは難しい

不動産屋で言われたことは、

・一人用アパート自体が少ない
・最近学生が多くなって空きが少ない
・電気水道光熱費は別料金
・インターネットも別途自分で契約
・就労ビザを持っていないとVAT(付加価値税)が必要

それ以外のデメリットとして、

・食器やシーツ・タオルなど全部自分で購入しないといけない
・土地勘がないのでアパート周囲の状況が全く分からない
・家に帰ると独りぼっち

ツテがあれば自分でアパートを借りれる

学校やエージェントを通さずに自分でアパートを借りている学生もいるけれど、よくよく話を聞いてみると「マルタで働いている友達に紹介してもらったとか「入れ替わりでマルタから帰る友達の後に入ったとか、何かしらのコネやツテがあるようだった。

あとは「彼氏と一緒に来たから二人で2ベットルームのフラットを借りた」とか。2ベッドルームの部屋なら語学学校から近いスリーマでも900〜1000ユーロくらいから見つかるので、学校のシェアアパートを使うよりもかなり安くできる。

AirB&Bを利用するのもアリ

1ヶ月程度の留学ならAirB&Bを利用している学生もいた。

学校アパートは自分で滞在先を選べないけど、AirB&Bなら自分の泊まりたい場所を選ぶことができる。

長期滞在するなら早めの予約が必要だけど、長期割引が適応される事も多いし、シャワートイレ付きの個室が良いという人はAirB&Bの方が安く済むかもしれない

結論:学校斡旋のシェアアパートがベスト

個人的には学校斡旋のアパートに留まることにした。

理由は、

・学校が管理しているのでトラブルの時にも学校が対応してくれる
・フラットメイトの身元が分かっている
・電気・水道・インターネット・家電・食器等すべて揃っている
・定期的に清掃が入る
・帰宅後も英語を話すチャンスがある
・レッスン+アパートの組み合わせで長期割引をしてくれる
・長期割引すれば一人部屋を自分で借りるのとコスト的には同じくらい

特にトラブル対応を学校がやってくれるのが大きい。電球が切れたり洗濯機の取っ手が外れたりシャワーのお湯タンクが水漏れしたりした時も、朝学校の受付に話をすればその日のうちに対応してくれていた。

あと、同じ学校の学生とルームメイトになるので、帰宅後も英語を話すチャンスがある事も大きなメリット。一人暮らしになると帰宅後は完全に無口になってしまう。

そして長期割引が結構大きかったので、自力でアパート契約したとしても€650/月以下のところでないとお得にならない計算になったのも理由の一つ。


色々自分で調べてみたけど結局学校アパートがベストという結果になった。

とは言え、この話を現地の不動産屋で働いているという人にしてみたら「本当に安いアパート無いって言われたの…?」と怪訝そうな顔をされたので、探し方によっては見つかるのかもしれない。

あと気になったのが、シェアアパートの一部屋だけを貸し出している広告が不動産屋では見つからなかったこと。多分大学の構内とかなら「ルームメイト募集」みたいな広告が出ているのかもしれない。

マルタでアパートを借りてみたいと思った人の参考になれば。

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

 

追記:

一人で2ベッドルーム、3ベットルームアパートを借りて、後からフェイスブックなどでルームメイトを募集する方法があるらしい。

応募してきた人が信用できるかどうかについては事前に会ったりして確認する必要があるけれど、学生は常に安いアパートを探しているので『ルームメイト募集』をかければ結構な数の応募が来るらしい

 

マルタ生活カテゴリの最新記事