一年間のボランティア留学にかかった費用

一年間のボランティア留学にかかった費用

一年間のボランティア留学にかかった費用

一年ボランティア留学するためにはどのくらい貯金したか

はじめて私がイギリスボランティア留学に参加するときに用意した貯金は300万円

多いのか少ないのかは留学スタイルによるだろうが、ボランティア留学としては十分準備したと思う。
ワーホリであれば100〜200万の貯金で足りるという話もあるが、これは現地でバイトする事を前提とした上での話だ。

私が参加したプログラムで降りたビザではバイトは許可されていなかった。初めての留学で途中で資金が尽きるような羽目に陥ることは避けたかったし、基本的に私は小心者なのだ。不安な要素は出来るだけ少ない方がいい。そう思っての準備である。

一般的な語学留学費用の相場

語学留学1年間の場合

(日本ワーキングホリデー協会より)

どこの国に行くかどんな生活スタイルを取るのかで料金は大きく差が出ているようだ。日本ワーキングホリデー協会のサイトによると一年間語学留学費用は330万円〜600万円と出ている。

国別におおよその費用を調べてみるとこんな感じだった。
フィリピン・セブ 200〜300万円
オーストラリア・ニュージーランド 300〜400万円
カナダ 300〜450万円
イギリス 300〜500万円
アメリカ 350〜600万円

これよりも安く見積もっているサイトも多いが、だいたい300万円は必要とみて良さそうだ。自分の貯金額がそのくらいだからと言って無理に数字を寄せているわけではない、断じて

年間300万円、月々25万円。

結構な額の出費になるが、30〜40代の一人暮らしの生活費は15〜20万程度らしい。そう考えれば日本での生活費+αで海外で生活して勉強できる計算になる。これだけの貯金をするのは大変だが、留学して得難い体験をするのだと思えば悪くない買い物かな、とも思う。

一年間のイギリスボランティア留学で実際にかかった費用

結論から言うと年間費用は118万円

ボランティアプログラム参加費用 36万円(住居・光熱・一部食費込み)
オリエンテーション費用 18万円
航空券 25万円
海外旅行保険 10万円
ビザ費用 5万円
生活費(食費・交通・交際など)4万円/月×12ヶ月=48万円

合計142万円

施設からボランティアの謝礼として毎月2万円程度もらっていたのでその分を引くと
142-(2×12)=118

支出計118万円

というわけで、私が一年間のイギリスボランティア留学にかけた費用は118万円だった。

現地施設からポケットマネーという名前で支給される謝礼金のおかげもあるが、語学留学と比べるとかなり費用は抑えられた。

安く済んだ理由としては
①プログラム参加費用が安い
②住み込みなのでアパート代、電気代、水道代などがかかっていない
③昼食は職場で支給され、その夕食が多かったので半分を夕食に回して食費を抑えられた
④そもそも語学学校に通っていないので授業料がかかっていない
⑤田舎だったので遊び回る機会が少なかった
などが考えられる。

欠点としてはバイトができない、語学学校には通えない、行き先は選べないといった点だ。これらのデメリットを受け入れられるのであればボランティア留学という形は非常にコストパフォーマンスの良い留学方法だと思う。

半年間のカナダ赤十字インターン留学でかかる費用

プログラム参加費用 76万円(ホームステイ、現地サポート費用含む)
語学学校 15万円
航空券 22万円
海外旅行保険 12万円
ビザ費用 0円

合計 125万円

これから参加するプログラムなのでおおよその予算になる。基本費用はこれだけかかり、これに生活費として月々数万円かかるだろう。

半年間の費用であるから、前回参加したイギリスボランティアと比べると約二倍である。

プログラム費用自体が高いことと語学学校に三ヶ月間通うことが費用を押し上げているが、観光ビザで行くのでビザ費用は0円だ。

このプログラムではホームステイ代も含まれており、ホームステイには三食付いている。個人でアパートを借りることはできないか聞いてみたが、留学生が良いアパートを見つけて借りるのは大変だし時間がかかると言われたので今回は断念した。一人暮らしが長いのでよそ様の家族の中に入っていけるのか不安が残るが、それも良い経験かな、と思っておく(不安だよぅ…)

NEW!カナダ赤十字インターンの初期費用出ました!内容の解説もあるのでよければどうぞ〜
↓↓

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

留学準備カテゴリの最新記事