【バンクーバー英語学校】好きな時間に好きな授業が受講できる!忙しい社会人にオススメ【Eh plus】

【バンクーバー英語学校】好きな時間に好きな授業が受講できる!忙しい社会人にオススメ【Eh plus】

【バンクーバー英語学校】好きな時間に好きな授業が受講できる!忙しい社会人にオススメ【Eh plus】

 
赤十字インターンシップと併せてCECに紹介してもらった語学学校が【Eh plus】
 

こちら学校の受付と校長先生のマイク。
 
数多の語学学校がひしめき合うバンクーバーの中では比較的小さな学校なので、学校の名前を言っても「何処?知らないなー」って反応がほとんどだった。悲しい(´・ω・`)
 
小さいながらも特徴のある授業の進め方なので、フツーの学校みたいに椅子に座って先生の話をノートに取るだけの授業はイヤ!もっと実践的は英語力をつけたい!!という人にお勧め。
 
小規模の学校なので一クラスの人数が少なく発言のチャンスが多いし、先生もフレンドリー
 
勉強以外の質問、例えば近所でオススメのカフェやビールが美味しいバー情報なんかも教えてくれる。
 
受けたい時間に受けたい授業を選ぶことができるし、駅や図書館に近くて便利だし、働きながら通っている人が多いので割と年齢層が高くて落ち着いた雰囲気だしと、非常に便利で通いやすかった。
 
そんなわけで、実際6ヶ月通ってみて分かった学校の特徴なんかをお伝えしたいと思います٩( ‘ω’ )و 

特徴1:チケット制なので好きな時に好きな授業を受けられる

 
『好きな時に好きな授業を受けられる』というのが最大のメリット。
 
例えばバンクーバー最大のマンモス語学学校ILSCと比べてみよう。
 
ILSCでは4週間で1サイクルになる様に授業が組まれているので、授業の開始日がほぼ月一に決まってしまうし、授業内容も学校が決めたカリキュラムに従わないといけない。
 
ILSCの1日のスケジュールはこんな感じで朝から学校が決めたカリキュラムに従って授業を受けていく。
自分は会話だけを重点的にやりたいのに…と思ってもそうはいかない(´・_・`)
 
 
一方で【Eh Plus】はチケット制!
 
1レッスンで1チケットを消化するというわかりやすいスタイル。
 
Conversation(会話)、 Pronunciation(発音)、 Vocabulary(ボキャブラリー)、 Listening(リスニング)の4種類から好きなクラスを自分で選んで受講できる。 
 
なので、自分の受けたい授業だけを受けることができる。
 
限られた留学期間を出来るだけ効率的に使いたい、という人にオススメ!
 

特徴2:オンラインで簡単予約

 
自分で予定を組んだはいいけど予約はどうしたらいいの?という不安もナシ。オンラインで簡単予約!
 
これが予約ページ。
予約したい日と時間をクリックして、授業を選択すればOK!
 
ただし、全部の時間帯に全部の授業が揃っているわけでは無い。10:00は会話(初・中・上級)クラスとリスニングクラスと発音クラス、11:15は会話クラスとボキャブラリークラス、と言った感じ。
 
人気の授業や混み合う時期には早目に予約する必要があるけれど、大体は一週間前で取りたい授業を予約できる。

特徴3:タブレットやインターネットを駆使した授業

 
教室には黒板やホワイトボードは無い。代わりにテレビスクリーンがあって、それは先生の持っているタブレットと繋がっている。
 
例えば先生が「Canucksって単語知ってる?」と聞いたとする。その単語を誰も知らないし、電子辞書にも乗っていなかったとする。
 
そうすると先生はタブレットで「Canucks」をGoogle検索してその結果をテレビスクリーンに出してくれる
 
 
こうする事で、新しい単語を視覚的にインプットできる。
 
※Canucksの意味は「カナダ人」なんだけど、バンクーバーカノックスというホッケーチームが有名なので、その画像ばかり出てきてます。

特徴4:ノートを取らなくて良い

 
授業内容に集中する&喋って練習する時間を沢山取るために、生徒はノートを取らなくても大丈夫。
 
授業内容や授業中のポイントは、先生が授業を進めながらタブレットに打ち込んでいき、授業の最後にプリントアウトして配ってくれる
 
初めのうちは私もメモを取っていたけれど、先生が説明してくれた内容は殆ど最後にもらうプリントに書かれているので段々とメモすら取らなくなっていった。
 
授業で使うプリントは授業の度に配られるので、事前に教科書を買う必要も無いのも嬉しい。

特徴5:ホームページから復習できる

 
学校のホームページにログインすると、homeworkというページがあって、ここから過去に受けた授業の復習をする事ができる
 
 
授業で習った単語やフレーズを見直すだけでなく、ゲーム形式で復習できるようになっているので、スキマ時間に楽しく復習できるように工夫されている。
 
特に重宝したのがリスニング!
 
授業で使ったリスニング動画を家に帰ってから何度も見ることができる。
 
リスニングの授業はナチュラルスピードのニュース動画が教材で、初回では聞き取れないことが殆どの難しめの授業。
 
授業中に聞き取れなくても家で繰り返し聴くことができるので自宅学習にはもってこいだった。

特徴6:文法はやらない

 
これは好き嫌いが分かれるかもしれない点だけど、『英会話』に特化した学校なので、文法のクラスは無い
 
会話クラスの中で文法上の間違いがあったら指摘されたり修正されたりするけれど、『文法の授業』というものはない。
 
学校の方向性としては、『英語を楽しんでほしい、楽しくないと続かない。試験に合格するために詰め込んで勉強するなんてナンセンスだ』というスタンスらしい。
 
なので、IELTSやTOEICなどの試験を受ける学生には物足りないようだった。試験を受ける予定のクラスメイトは「文法を勉強したいからほかの学校にも行く」と言っていた。

特徴7:比較的年齢層が高い

 
学校によっては朝から夕方までカリキュラムが決まっている学校もあり、そういう所は高校〜大学生など比較的若い学生が多いように思う。
 
この学校はチケット制で自分でカリキュラムを組むことができるので、仕事が終わってから会話クラスを1時間だけ受ける、という使い方ができる。
 
そのせいか、他の学校と併用したり働きながら通っている人が多かったので、比較的年齢層が高めだと感じた。
 
とは言っても、一番多いのは20〜30代のワーホリの学生
次は50〜60代のリタイア後の人たち。
 
働き盛りの40代は「仕事や子育てが忙しいので留学なんかしている暇は無い」ということだろうか、ほとんど見かけなかった。
 
あと10代の学生は街では沢山見かけるのに、この学校では非常に少なかった。

特徴8:東京支店がある

 
東京に分校があり、カナダで使い切れなかったチケットを帰国後に使うことができる
 
チケットはカナダで買ったほうがお得なので、東京に住んでいる友人は帰国前にチケットをまとめ買いして、帰国後は東京校に通うと言っていた。

授業の様子

 
 
会話クラスは最大4名
 
先生が「今日のトピック」を決めて、それに沿って会話していく。
 
先生が質問して、生徒がそれに答えるスタイルが基本になるが、生徒同士で質問しあって会話を進めていってもOK。
 
先生はなるべく全員均等に発言できるように話題を振ってくれるから、一回も発言できずに終わることは無い。
 
発音・ボキャブラリー・リスニングクラスは最大8名
 
こちらはテキストに沿って授業が進むスタイル。
 
一人でやる作業もあるし、二人一組で話し合いながら進める作業もある。
 
印象として、かなりスピーディーに授業は進んでいく。初回の授業では何をしているのか分からずついていけない( ̄O ̄;)となるかもしれないが、慣れればこのスピード感が楽しい。

こんな人にオススメ!

 
・会話中心で勉強したい
・仕事をしながら勉強もしたい
・自分の好きな時間に授業を受けたい
・比較的年齢が高め(30代以上)
 
逆にこんな人には向かないかも…
・文法を勉強したい
・IELTSやTOEIC向けの勉強をしたい
・一日学校に通って勉強したい
・中学生・高校生
 

場所はここだよ!

 

Eh plus English Vancouver
 
バンクーバーの中心街ダウンタウンにある。
 
スカイトレインのバンクーバーシティセンター駅、またはバラード駅から徒歩5分程度。
 
周りにはカフェやファーストフード、日本食店などお店も多く、食事に困ることはない。カナダでは比較的珍しいコンビニ(セブンイレブン!)も徒歩1分で行ける。
 
ホームページはこちらからどうぞ〜(°ω°)ノシ
↓↓

 

【Eh plusへの申し込み】ならこちらからもどうぞ(°ω°)ノシ
↓↓

Eh Plus English School in Vancouver

カナダカテゴリの最新記事