カナダでは自炊しても高くつく!?【バンクーバー食料品のお値段】

カナダでは自炊しても高くつく!?【バンクーバー食料品のお値段】

カナダでは自炊しても高くつく!?【バンクーバー食料品のお値段】

カナダの食品は安くない

 
2018年6月現在、1カナダドル(CAD)=85円で計算した。計算してみると、全体的に日本と同じ〜2倍くらいの値段になっている。
 
※以降の『ドル』はカナダドルを指す。

普段食べる食品の値段

パン

 
食パンは一袋2~5ドル=170~425円と幅がある。一袋が日本の倍ぐらいあるので、お買い得なものを選べば、実質は割安になる。ロールパンも日本の2倍くらいのサイズで1個0.5ドルから売っている。みんながよく食べるものはお安く手に入るようになっているのか。

 
1ダースで3~4ドル。日本だと10個入りなので、換算すると10個で212~283円。いつもセール価格の118円で買っていたので2倍くらいに感じるが、安売りしてない時の卵の値段よりやや高いくらいか。

乳製品

 
牛乳1Lで3ドル=255円。牛乳も日本で安売り198円で買っていたので割高に思えるけど、コンビニで買ったらこのくらいしてた気がする。
 
健康のために何となく食べておきたいヨーグルト。これも食べきりサイズが1パック2ドル=170円、4個セットで買っても1つあたり1ドル=85円くらいになるのでちょっとお高い。西洋人は乳製品をよく食べるイメージがあるので安いのかと思ったらそうでもなかった。

 
鶏肉は15~20ドル/kg=127.5~170円/100g、日本よりちょっと高い。安売りで7ドル/kg=59.5円になっているものもある。
 
豚肉は12~20ドル/kg=102~170円/100g牛肉は15~30ドル/kg=127.5~255円/100g。豚肉と牛肉は日本より少し安い。

野菜

 
野菜は量り売りで1ポンドあたりいくら、という表示になっている。1ポンド=16オンス=454g≒500gと考えれば良い。
 
量り売りのものが少量で買いやすい。袋詰めされたものは多すぎる。
 
ちなみにポンドはアルファベットでlbと表記されているが、これは古代ローマの重量単位libra(リブラ)から来ている。1リブラ=1ポンドなので、1ポンドあたりの値段は◯◯ドル/lbと表記されているそうだ。なんでやねん、素直にpoundって書けや。
 
トマトは1.5ドル/lb=25円/100g。小さいトマト一つで35円くらい。
 
キュウリは日本のものの3倍ぐらいあるので比べづらいが、1本1.5ドル=127.5円。大きさを考えれば割安の部類に入る。
 
芋は安い。ジャガイモは1ドル/lb=17円/100g。普通サイズのジャガイモ1個で30円くらい。

果物

 
果物も1ポンド幾らで表示されている。
 
リンゴは2~3カナダドル/lb=34~51円/100g。カナダのリンゴは小さめなので一つ70〜80円くらいになる。
 
バナナは安い。0.79カナダドル/lb=13円/100g。バナナ1本150gとして、1本20円くらい
 
ミカンは袋詰めしか見つからなかった。1袋1kg入って5カナダドル=425円。日本で298円で売っていたのと同じくらいの大きさの袋だったので、随分お高く感じられた。

弁当・サラダ・フルーツ

 
スーパーで売っている弁当のようなものは1パック7〜10カナダドル=595〜850円くらいする。値段は高いがサイズもでかい。正直半分サイズで売って欲しい。
 
プラスチックのカップに入ったサラダ6〜8カナダドル=510〜765円。サラダでこの値段か〜と、かなりお高く感じられる。とは言えサイズが日本のコンビニサラダの2〜3倍はあるので妥当な値段なのかもしれない。
 
日本ではサラダというとサイドディッシュとして添えられるものだが、こちらではサラダをメインディッシュとして1食済ませてしまうので、このサイズで良いのだろう。
 
カットフルーツはフルーツの種類によって値段が違う。メロンだと1パック2カナダドル=170円いちご・スイカ3カナダドル=255円ブルーベリー・ラズベリー4ドル=340円以上する。
 
フルーツは季節になれば旬のものは安く出回るそうなので、高いな〜と感じたら安くなるのを待ってもいいかもしれない。

お菓子

 
スーパーでまとめ買いすると安くなるがコンビニで単独で買おうとするとちょっと高いな、と感じる。
 
ポテトチップスは食べきりサイズの小パックが1〜2ドル=85〜170円チョコレートは種類やサイズによりけりだが、小さいものでも3〜4ドル=255〜340円する。メントス2ドル=170円くらい。

外食するよりは安いけど、日本より割高

 
そもそもバンクーバーの外食は他の地域と比べると高い。更に外食すると消費税やチップが上乗せされるので、最終的な支払額はメニューに書かれている値段よりも結構高くなってビックリする。ランチでも20カナダドル近くかかったりする。
 
それを思えば自炊の方が経済的なのだが、カナダの物価は安くはない…。
 

 
のんびりした印象があるのであまり物価が高いイメージがなかったけれど、食品に関しては全体的に日本よりやや割高。近年家賃がどんどん値上がりしているので、バンクーバーで生活するのは簡単ではないかも…!
 
では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

カナダカテゴリの最新記事