バンクーバーからバンフへの行き方を詳しく解説【飛行機+バス】

バンクーバーからバンフへの行き方を詳しく解説【飛行機+バス】

バンクーバーからバンフへの行き方を詳しく解説【飛行機+バス】

2018年夏、バンクーバー留学中の私は「せっかくカナダに来たんだからカナディアンロッキーに行かねば!」と思い立った。

旅の道連れになってくれそうな友達は居ないので必然的にひとり旅になる。

…(´・ω・`)

いや、良いけどね。ひとり旅もいい加減慣れてきたし。友達同士で旅行に来ている人を見ると羨ましくなるくらいで。うん。

そんなわけで一人でバンクーバーからカナディアンロッキー観光の拠点の町バンフまで行ってきたので、行き方を詳しく解説しようと思います。

カナディアンロッキー観光、南の玄関口バンフ(Banff)

カナディアンロッキー観光の拠点になる町は、南側のバンフ(Banff)、北側のジャスパー(Jasper)、その間の湖のほとりレイクルイーズ(Lake Louise)の3箇所。

初めてなのでアクセスが良くツアーがたくさん出ているバンフを選んだ。

あと、知人がオススメしてくれたハイキングツアーがバンフ出発だったというのもある。

※ちなみに知人オススメのハイキングツアー会社はヤムナスカ・ハイキングツアー。日本人の山好きツアーガイドと一緒にカナディアンロッキーを歩き回れる。かなりオススメ。 

今回私が選んだバンクーバーからバンフへの行き方はこんな感じ。

① バンクーバーからカルガリー:飛行機2時間
② カルガリーからバンフ:バス2時間

バンクーバーからバンフへ長距離バス(グレイハウンド)もある。けど片道16時間かかる。

長時間の長距離移動はそろそろしんどいお年頃なので飛行機で飛ぶことにした。

① ウエストジェット(WESTJET)でバンクーバーからカルガリーへ


スカイトレインYVR空港駅の改札を出たら、左の国内線ターミナルへ向かう。


カナダ国旗とチェックインのサインに従って進んでいくと受付カウンターにたどり着く。


今回ウエストジェットを利用。自動チェックイン機でチェックインを済ませる。

カナダの国内移動はウエストジェットカナダエアが便利。

ウエストジェットは格安航空会社LCCの括りに入るらしいけど、料金はカナダエアとさほど変わらない。ホストファミリーがウェストジェット推しだったので素直に従ってみた。


預ける荷物は自分でタグを付けてベルトコンベアーに乗せるだけ。一応危険物が入っていないかどうか聞かれるけどX線検査とか無しセキュリティー大丈夫かな


快適な空の旅をお楽しみください。


2時間のフライトだけどコーヒーとお菓子(クッキーかプレッツェルか選べる)が出た。

カルガリーに到着!

可愛いオブジェがお出迎えしてくれる。

カルガリー空港はインテリアが黄色&青のポップな色合い。なんだかおもちゃ箱っぽい。


Baggageの矢印に従って進むと出口に行ける。

② バンフエアポーター(Banff Airporter)でカルガリーからバンフへ

カルガリー空港からバンフへはシャトルバスが出ている。

空港発のバスは2社
・バンフエアポーター Banff Airporter
・ブリュースター Brewster

バンフエアポーター1日10便と便数が多く、小型バスなので小さな路地のホステルでも玄関前まで連れて行ってくれるのがメリット。

ブリュースターは1日8便と便数はやや少ないが、大型バスWiFiが使えるのがメリット。ただし乗降り場所は主要ホテルのみ。往復予約すると15%offになるのでエアポーターより安くなる。

予約はホームページから。
↓↓
Banff Airporter
Brewster

もっと安く行きたい!という人には、空港からカルガリー市内へ出てグレイハウンドバスに乗るという方法もある。

今回は飛行機の到着時刻とバスの出発時間の兼ね合いからバンフエアポーター(Banff Airporter)を利用。

飛行機到着時刻から1〜2時間後くらいのバスを予約しておけば多少飛行機が遅れても大丈夫。


バンフエアポーターの窓口はここ。

ウエストジェットでカルガリー空港に着いたら、荷物受け取り台を右に見ながら歩いて行こう。スタバを通り過ぎたら左側にバンフエアポーターの受付がある。

ちなみにこれはバンフエアポーター公式サイトにある、ウエストジェットで着いた場合の窓口までの行き方。

最後にびっくりするくらい急カーブして窓口にたどり着く。酔うわ!!絶対通り過ぎそうだっただろ!

で、こちらがバンフエアポーターの窓口黄色いロゴが目印。

事前に予約しておいたので、予約ページの写メをカウンターに見せればOK。


バスというより大型のバン。


座席は広いし、電源USBポートもあるので携帯やカメラの充電が移動中にできる。充電コードは手荷物に入れておこう。


天気が悪いのが残念だけど、空港からバンフまでカナディアンロッキーの中を走っていくので車窓の景色も素晴らしい

約2時間で目的地バンフに到着!


予約の時に宿泊ホテルが決まっていれば、ホテルの入口で降ろしてくれる。

今回利用したのはバンフインターナショナルホステル(Banff International Hostel)

夏のバンフはホテルが高い。一泊2〜3万の部屋しか見つからない中で、唯一お手頃価格だったのがこのホステル。ドミトリーでも部屋の中にトイレとシャワーが付いていて快適。

ここから歩いて数分のところにも似たような格安ホステル(Samesun Hostel)があった。こちらは一階がバーになっているので少し騒がしいらしいけど、賑やかなのが好きな人にはオススメ。

バンクーバー発カナディアンロッキー観光バスツアーもある

前述した片道16時間のバスを利用した格安ツアーもある。

バンクーバーの語学学校や留学エージェントで取り扱っているバンクーバー発カナディアンロッキー観光バスツアー(4、5日間)

ただし学生向け格安ツアーなので、4人部屋&ダブルベッドを2人でシェアという条件。一人部屋にしようとすると追加料金が結構かかる。

行きも帰りもバスで16時間かかるし、ずっと同じグループで観光することになるので、仲のいい友達と一緒に行くならともかくひとり参加は辛い…。

修学旅行のノリで友達と参加できる人にはお勧め。格安だし、食事もついてるし、観光の有名どころは大体網羅できるし。ルームメイトは大体このツアーを利用してカナディアンロッキーに行っていた。

私はね、一人なのでね…。

 

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

カナダ観光カテゴリの最新記事