【警告!!】ゴミ出し時間を間違うと150ユーロの罰金が科せられる!?【マルタ留学】

【警告!!】ゴミ出し時間を間違うと150ユーロの罰金が科せられる!?【マルタ留学】

【警告!!】ゴミ出し時間を間違うと150ユーロの罰金が科せられる!?【マルタ留学】

マルタでのゴミ出しルール

アパートにはゴミ出しルールのポスターが貼ってある。

マルタではゴミは各アパートの玄関に出しておけば回収の人が拾って行ってくれる。


このポスターによれば平日なら午後7時に回収に来るのでそれまでにゴミ出ししておけば良いらしい。

しかしさすがマルタというか、夜回収なのに平気で朝からゴミ出しされてる

ゆるいわ〜、けどまあそういうもんなんだろうと思っていたら思わぬワナが待ち受けていた。

朝ゴミ出しをした留学生が罰金150ユーロを請求された!!

ある朝、クラスメートが浮かない顔で現れたので何かあったのか聞いてみると、ゴミ出しの件でどこかの職員っぽい人に罰金を請求されたということらしい。

しかも150ユーロ!!

高っ!!!


これが罰金の請求書

買い物した時にもらうようなレシートっぽい縦長の紙。

クラスメートの話によると

「朝学校に行こうとしていたら、玄関でゴミ袋を漁っている人がいた。

ゴミ袋の中からうちのアパートの住人宛の手紙を見つけてどの部屋がゴミを出したのか特定していた

ちなみにゴミを出したのは僕だ。

暖かくなってきたので生ゴミが匂うのが耐えられなかった(´-ω-`)

ゴミ出しして良い時間は回収の2時間前からなので朝からゴミ出ししたら罰金だと」

2019年から始まったゴミ出し時間規制

アパートの規約や市のホームページを探してもゴミ出し時間に関する記載を見つけることができなかったクラスメートは授業前にマルタ人の先生に質問した。

先生「去年まではいつ出しても良かったんだけど、今年から回収2時間前に変わったのよね」

生徒「その決まりみんな知ってるんですか!?」

先生「マルタ人なら知ってると思うけど、マルタ人は言われても気にしないから、留学生や外国人が多いスリーマやバレッタを狙った規制だと思うのよね〜」

生徒「ひどいな!!」

先生「とりあえずアパートは学校の持ち物だから学校に相談したら良いわよ〜」

こんな感じで終了。

ちなみにマルタは近年留学や観光で急激に人気が出てきているが、社会がそれに追いついていない印象を受ける。

急増する人口に公衆衛生システムが対応しきれていない。

スリーマやバレッタ付近の人口が増えすぎたので、それに伴ってゴミの量も増えてきて規制が必要になってきたらしい。

一応全国同じように規制をかけているらしいが、マルタ人は罰金に対して役所に苦情を言う事ができる(マルタ語が話せると言う意味で)

言語的な問題で文句が言えず、事情にも疎い外国人留学生を狙っているようなのがいやらしい。

学校が100ユーロ、学生が50ユーロ支払うという折衷案

クラスメートが罰金の件を学校に伝えたところ、学校が100ユーロクラスメートが50ユーロ支払うという案を提案された。

…いや、そもそもゴミ出し時間規制について学生に伝えてないの学校側のミスでしょ

しかもクラスメートはシェアアパートに住んでるので彼一人の責任にするのもおかしいし。

しかしクラスメートはマルタでもバイトしていて他の学生よりも収入があるから

「自分が払うよ。あの日ゴミ出したの僕だし(´-ω-`)。フラットメイトに説明して一緒にお金払ってって説得するのも面倒だし」

と言って承諾していた。

お人好しがワリを食ってる感じでモヤモヤする〜。

どこに苦情を言えばいいのか

ちなみに罰金請求書の下の方には罰金の支払い方と、後半には苦情の申し立ての仕方も一応書いてあった。

手紙を書くか、les.gov.mt からオンラインで不服請求できるらしい。

とりあえずマルタ人の先生からも不服のメールを送ってもらえることになった。

でもこういう奴って大体返事来るのに1ヶ月以上かかるから、不服申し立てしている間に帰国日が来ちゃうよ。

清掃係の人が午前中にゴミ出ししている場合も要注意

学校が所有しているシェアアパートに住んでいる場合は、週一回午前中に清掃係がアパートを掃除してくれる

彼らが午前中にゴミ出しした場合も住人(留学生)に罰金が請求される場合があるので気をつけよう。

その場合は学校にきちんと苦情を申し立てる事が大事。

基本的には『建物のオーナー』に罰金支払い義務があることになっているようなので、シェアアパートなら尚更のこと個人で責任を負う必要はない

こういう時に文句言えるくらいの語学力があると強いので、留学中ちゃんと勉強しておこうと思った。


では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

マルタ生活カテゴリの最新記事