【マルタ留学】友達の付き添いで地域の病院に行ってみたら最悪だった【Gzira Health Centre】

【マルタ留学】友達の付き添いで地域の病院に行ってみたら最悪だった【Gzira Health Centre】

【マルタ留学】友達の付き添いで地域の病院に行ってみたら最悪だった【Gzira Health Centre】

離島の診療所っぽいGzira Health Centre

マルタには大きな総合病院は少なく待ち時間も長い(予約を取ろうとすると数週間待ちになることも)ので、ちょっとした体調不良なら町中のヘルスケアセンターに行く方が良いらしい。

今回、学校の友達が病院に行くと言っていたので付き添いでついて行った。


友達が見つけた外国人にも対応しているヘルスケアセンター

ぱっと見では病院と気づけないエントランス。

個人商店のように玄関の上に看板が架かっているだけなので、言われるまでこれが病院だとは全く思わなかった。


階段を上ると受付があった。

びっくりするくらいぞんざいな受付対応

窓口に行くと「今日はどうしましたか?」とか聞かれるより先に

「学生?外国人?まず金払ってね!!」と言われたので、のっけからビックリした。


受付にいたぶっきらぼうなおばちゃんは、病院にきた理由を聞くより先にチェックがついたこの用紙を見せてきて、

23ユーロ29セント。カードはダメ、現金キッチリでないと受け取れないから。小銭が無いんだったらそこらへんの店に行って何か買って小銭もらってよね。」

いや、23ユーロ29セントって。

何なのその中途半端な数字

しかも現金でキッチリって…。

友達が「マルタの保険を持っているけど使えますか」と質問しても、面倒臭そうに「まずお金払ってよね、分かる?お金!!」と。

しかも隣の窓口で小銭を手に入れるために買い物してきた男性がその件で苦情を言っているのが聞こえてきた。

男性「コンビニで小銭が欲しいので両替して欲しいと言ったが断られた。買い物をしてお釣りを貰おうとしたら店員が『小銭はないからお釣りは渡せないね。じゃあな!』と言ってきた。これがこの国のやり方か!!?」

めっちゃ怒ってる。

そりゃ怒るよ…。

はじめにちゃんと小銭が欲しいって言ったのにそのやり方は無いだろ。

まあそれは病院の問題じゃないんだけどさ…。

しかし窓口のおばちゃんは動じることなく「さあね」とばかりに肩をすくめて以降男性を完全無視

「うるさい外人よね」とばかりに全く相手にしない。

マルタに来てこんなに感じの悪い人見たの初めてだよ…。

病院受診するときには十分な小銭を準備していこう

友達と2人で財布から小銭をかき集めて、幸い23ユーロ29セントちょうど揃えることができた。

窓口に戻って支払いをすると、23ユーロ29セントは窓口でそのまま封筒に入れられ「この封筒を上の階のルーム6に持って行って」と返された。

なんだそりゃ。

不審に思いつつルーム6に行くと、事務職っぽい女性がパソコンの前で同じような封筒と書類を取り扱っていた。

お金の入った封筒を渡すと宛先のハンコを押して机の脇に置いた。どこかに郵送するらしい。

あ〜、この病院で会計するんじゃなくて本部に送って処理するパターンかな?

だから現金でキッチリしか受け取れないって訳か!

しかしそれにしてもあの受付対応は失礼だよな。

それから手書きの領収書をもらい、「海外旅行保険会社に払い戻しを申請するときはこの領収書が必要になるから」と。

やっぱり診療所っぽい

待合室と廊下はこんな感じ。


ビザセンターもこんな感じで廊下に椅子が並べられてるだけだったな。

受付番号をもらえるので順番になったら診察室をノックして部屋に入る

ところで受付番号は表示もアナウンスもされないので、待合室で待っている間に隣の人に「あなたは何番?」と聞いて、自分は誰の次になるか自分で確認するスタイル。

番号を持ってキョロキョロしていたら他の受診者が「あなた何番?」「じゃあ彼女の次ね」とか声をかけてくれる

ただ、診察室から呼ばれることはないので自分から扉を開けに行かないといけない。

躊躇っていると次の番号の人が先に行ってしまう

問診と身体所見は見てくれるけど血液検査は別の日に

順番が来たので診察室に入った。

診察室には30代くらいの若い男性医師が一人。

後日再診したときには40代くらいの女性医師だった。

なんとなく雰囲気的にだけど、どちらも大学病院とかから日替わりで出向してきているような印象を受けた。

デスクとパソコンがあり、部屋の奥に横になれる診察台があった。

外国人の患者が多いのかパソコンには翻訳ページが表示されていた。

基本的に英語で問診してくれるけど、自分の症状をなんと言って説明したらいいのかは前もって調べて行ったほうがいいかも

友達(韓国人)は緊張していたのか上手く説明できず、医師にパソコンの翻訳サイトを使うと良いと言われたけれど、韓国語が打ち込めずに断念していた

友人はその日、ウイルス性の風邪か何かで体調を崩しているようだと判断されて薬を処方された。

ただ、彼女は持病があり毎日薬を飲んでいたので、その病気についてチェックしておくことになった。

医師「たぶんウイルス性の風邪だと思うけど、念のために血液検査しよう。血液検査は明日また病院に来てね。検査結果は4〜5日後に出るからその頃また病院に来て。帰る前に受付で時間を確認してね。」

診察はこれで終了。

受付で次回予約を確認

あの受付に戻るのか…。

受付のおばちゃん、態度がぞんざいなのもあるけど英語がマルタ訛りが強くて聞き取りづらいんだよね…。

受付「明日朝7時…(モニョモニョして聞き取れず)…血液検査ね。血液検査は場所が違うからね。」

友人「学校があるので14時ごろに来ても大丈夫ですか?」

受付「検査は朝7時…(訛りが強くて聞き取れない)…って言ってるでしょ!!」

友人「すみません、7時から…?」

受付「7時から9時!!(今回は聞き取れた)何遍言ったら良いのよ!!!」

朝の2時間だけなの!?

それはそうと、ずっと7時から9時って言ってたの?

そんな単純なフレーズなのに全く聞き取れなかったよ!?

マルタ訛りだいぶ慣れたと思ったのに!

血液検査も現金キッチリ準備が必要

検査の時にも支払いが必要なのか確認したら「25ユーロ62セント」と。

現金キッチリで支払いさせたいんなら62セントとかやめてくれないかな

念のために金額を写真に撮って良いかと聞いてみたら「この文書は公文書なのよ〜」と窓口の奥で紙をヒラヒラさせてせせら笑ってきた。

ほんとな!このおばちゃんな!!

それならメモに金額を書いてくれないかと頼んだら鼻で笑うし!!

腹たったんで「自分で金額を確認して書くからその紙見せろ」と言って自分で金額をメモった。

ちょっと普段の生活では遭遇することがないくらいに失礼な人だった。

一応場所はここだけど…

 

Gzira Health Centre

Google mapで出てくる口コミ評価が★1が多くて納得しかない。

今回は医者の対応は悪くなかったんだけど受付が最悪すぎた

口コミ評価では医者も酷いことがあるらしい。

マルタ人でないのなら他のクリニックを探したほうがいいという意見には完全に同意。


では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

マルタ生活カテゴリの最新記事