バンクーバーのホームステイ【ニューウエストミンスター】

バンクーバーのホームステイ【ニューウエストミンスター】

バンクーバーのホームステイ【ニューウェストミンスター】

今回の留学ではホームステイにお世話になることにした。言葉も通じない見知らぬ場所で一から生活をしていくのは大変そうだし、その手間や時間は勉強に回したかったからだ。

ホームステイは留学エージェントが手配してくれるのだが、ステイ先を指定することはできないので行くまでどんなところか分からなくて結構ドキドキした

家の外観

ホームステイ先はバンクーバー郊外のニューウェストミンスターという町にある。静かで比較的安全な住宅地だ。

家は可愛い一戸建て。外からだと平家に見えるが、実は地下と二階があり、ホームステイ用の部屋は地下にある。地下といっても窓は地上に出ているのでそんなに暗くはない。

部屋は個室


ここが私の部屋。

同時期に同じ家にホームステイしていた学生さんが居たけれど、各々個室があるのでプライバシーは確保できる

地下にあるけれど窓からは陽が差し込んでくるので割と明るい。


クローゼットもあるので荷物は全部ここへ広げている。

地下なので部屋は肌寒い。ホストマザーは涼しくて夏の間は過ごしやすいよと言っているが、南国沖縄からやってきた身としては10度は真冬の気温なんですよぅ…。

なので毛布を2枚追加してもらった(1枚追加しただけだと寒くて眠れなかった)

※更に後日電気ヒーターを貸してもらった。寒いんだもん!!

リビング


地下にあるホームステイ用のリビング。

家族用のリビングとは別になっているので、ここは自分達だけでくつろいで過ごせる。

ただしこの部屋も基本肌寒いので屋内なのにユニクロのウルトラライトダウンジャケットが手放せない。軽くて暖かいユニクロほんと神…!

キッチン


なんとキッチンも付いている。しかしコンロは故障中なので料理はできない。

とは言っても3食付きのホームステイなので自分で料理する必要はほとんどない。電子レンジ、トースター、湯沸かしポットは使えるのでお茶やコーヒーは自由に飲める。

夕飯に間に合わない時には取り置きしてくれるので温め直して食べることもできる。


キッチンのテーブルセット。夕方帰ってくるのが遅くなったときにはここで食べている。

トイレ・バスルーム


シャワー&トイレも家族とは別になっている。温かいお湯がちゃんと出てくる。嬉しい。シャワーの時間制限は特にないけれどお湯を無駄に出さない様に気をつけている。

家族のいる階とは別になっているので、シャワーの時間とか夜中トイレに行く時の物音とか気にしなくて良いので気が楽。


ドライヤーも付いている。

ハウスルール

・使わないときは電気を消す
・寝室は土足禁止
・ゴミ箱がいっぱいになったら外に出す
・寝室とバスルームは綺麗に保つ
・帰りが遅くなるときには連絡する
・洗濯は週一回(土曜日)
・緊急時には連絡すること

常識の範囲内で守れそうだし、あまり厳しくないと思う。

周囲の環境

最寄駅まで徒歩10分前後。駅ビルの様なところにスーパーや薬局、100円ショップ、雑貨屋、コーヒーショップ、バーガーショップなど入っている。

駅から更に2〜3分歩くとスターバックスや大きな食料品スーパー、酒屋なんかが集まったショッピングモールの様な場所がある。

また駅と反対方面に歩いて行くと、徒歩15分程度のところにロンドンドラッグという化粧品から電化製品文房具など色々売っている大きな店がある。

日常の買い物は徒歩圏内で十分事足りる

通勤・通学がちょっと遠い

バンクーバーの中心地ダウンタウンまでは電車(スカイトレイン)で40〜50分

ボランティア先も語学学校もダウンタウン辺りにあるので朝の通勤通学と帰宅に時間がかかるのが欠点。朝も夕方もラッシュアワーにかかってしまうと40分間満員電車で立ちっぱなしなので、そこが辛い。

(生活が落ち着いたらもう少し近くにアパートか別のホームステイ先を探そうかと密かに検討中)


はじめての長期ホームステイだけど、比較的プライバシーが守られているので居心地は悪くない。

あと、三食付いてくるし洗濯も週一回してくれるので自分で家事を何もしなくて良い楽チンさに20年ぶりぐらいに浸って感動している。

食事を準備しなくて良いので、遅くまで図書館に居残ってもご飯どうしようとか考えなくて良いし、掃除や洗濯もしてくれるので自分の部屋さえ片付けておけば家は綺麗に保たれる。ホストマザーありがとう…!!

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

カナダカテゴリの最新記事