バンクーバーのホームステイ体験【ノースバンクーバー】

バンクーバーのホームステイ体験【ノースバンクーバー】

バンクーバーのホームステイ体験【ノースバンクーバー】

1軒目のホームステイが職場・学校まで遠かったこともあり、来て1週間でホームステイ先の変更を考えはじめた。インターネットでバンクーバーのホームステイを検索してみるといくつか見つけることができた。

自分でホームステイを探すと、メールで写真を送ってもらったりハウスルールを確認したりできるし、何より現地にいるので事前にホストファミリーと顔を合わせたり下見したりできるのが良い。

中心街からは少し離れているのだけれど、とても良さそうな物件があったので速攻でデポジットを支払って引っ越しを決めた。

で、先日引っ越したので家の様子をご紹介。

家の外観

バンクーバー中心街から橋を渡って対岸になるノースバンクーバー。比較的落ち着いた住宅街といった印象。
 
学校のある中心街まではバスで40〜50分ほどかかるが、家からバス停まで徒歩5分という便利さ。

部屋は個室

元子供部屋。子供たちは既に成人して家を出ているので、空いた部屋をホームステイとして提供しているそうだ。
ベッド、デスクといった基本設備に加えて各部屋にテレビと冷蔵庫もある。
 
この部屋以外にもホームステイ用にあと2部屋、キッチン付きツインベッドの大きな部屋が一つある。私がいた時は全部で5人の学生を受け入れていた。

リビング


こちらがメインリビング。だけどあまり使われているのを見たことがない。
 

リビング横に付いているサンルーム。
 
ホストマザーの仕事場であり、夕食もここでみんなで食べる。朝にはソファーに猫が横たわっている幸せ空間。

バスルーム


家が広いのでバスルームは二つある。こちらは二階にあるホストファミリーと兼用のバスルーム。
 

これは玄関脇にある学生用の小さなバスルーム。シャワーとトイレが付いている。

キッチン


三食しっかり付いているので自炊する機会はなさそうだけど、電子レンジやトースター、電気ポットなどは勝手に使って良いことになっている。

洗濯機


キッチンの一角にある洗濯機&乾燥機。下の段が洗濯機で上の段が乾燥機。7:00~22:00の間ならいつ使っても良いことになっている。

裏庭


ホストファザーがガーデニングが好きなので庭が綺麗で広い…!
天気のいい時は外で夕食をとることもある。

なんと猫付き!

憧れの猫がいる生活…!

こちらは人懐っこいキャリー。
 
実は猫アレルギーがあって、30分以上猫を撫でくりまわしていると目が痒くなり鼻がグズグズいいだすんだけど、あまり近づかなければ平気!
ちょっと人見知りのアビー。鳴き声が高くて子供っぽくて可愛い。
 
人見知りなのであまり近づいて来てくれないが、こちらが構わないでいるとまとわりついてくる。…この小悪魔!!

ホストファミリー

 
バンクーバー出身のホストマザーと、ケベック出身のホストファザー。2人ともリタイアして、のんびり暮らしている。3人いた子供達はみんな独立しているので、元子供部屋をホームステイとして貸し出しているそうだ。

ルームメイト

 
日本人の女の子1人と台湾人の男の子1人。各自個室があるので夕食時くらいしか顔を合わせることはないけれど、休日にホストファミリーが遊びに連れて言ってくれたりするので仲良くなりやすい。
 
ホームステイとは別に、キッチン付き2ベッドの部屋があって、そこはカナダ人の大学生2人でシェアしている。この2人は自炊しているので夕食時に現れることはなく、顔を合わせたことはない。

周辺環境

電車が通っていないので、移動はバス頼み。その点はやや不便だけど、ダウンタウンから家の最寄りバス停まで直行バスがあるのでほとんど問題なし。
 
徒歩5分でスーパーがあり、10分で図書館やショッピングモールが集まったところに行ける。とても便利。
 

 
こちらのホームステイはホストファミリーの友人やホームステイをしていた人たちの口コミで集客しているので、仲介業者は通していないようだ。
 
1軒目のホームステイは仲介業者を介したけれど、このホームステイはインターネットを使って自分で探し出した。自分で探すためには英語のホームページで情報を集めなければいけないが、それさえできれば場所や部屋を自分で選ぶことができるのでメリットは大きい。仲介業者を通すと必ず「ホームステイ先を選ぶことはできない」と言われるのだ。
 
ちなみに私がホームステイを探したホームページはこちら
↓↓
Homestay Finder
Homestay.com
 
では今回はこの辺で
(°ω°)ノシ

カナダカテゴリの最新記事