留学前に国際免許証を取ってきた【沖縄県】

留学前に国際免許証を取ってきた【沖縄県】

留学前に国際免許を取ってきたよ

国際免許証ってなに?

国際免許証というのはジュネーブ条約に基づいて各都道府県公安委員会が発行するもので、条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認め合うもの。平たく言えば外国でも運転していい運転免許証

有効期限は1年

各都道府県の公安委員会が発行するので、都道府県によって手続きの方法が違っているらしい。

私の住んでいる沖縄県では県警察運転免許センターで手続きできるので、早速取りに行ってみた。

写真を準備する

コンビニの前にある証明写真ボックスで写真を撮る。

国際免許用の写真は50×40mmとパスポート写真よりも大きめ。この各書類によって写真のサイズが違うのどうにかならないかな。統一してくれ。


画面から国際運転免許用の写真を…ないな。


検索して…発見!

気がすむまで撮り直しもできる。
けど何回撮っても犯罪者臭が漂う。証明写真ってなんでこうも犯罪者っぽく写ってしまうのだろう。みんなそうなのか私だけがそうなのか。解せぬ。

写真を準備したら運転免許センターで手続きをしよう。

運転免許センターで手続きする

写真、パスポート、日本の運転免許を持って運転免許センターへ。


車を持っていないのでバスで移動。免許だけは持っているけどここ3年ほどペーパードライバーだな、そういえば。


最近はバスの中も外国語案内がしっかりしている。


終点の道の駅豊崎でバスを降りる。
下車したバス停の向かいのオレンジの屋根が道の駅豊崎。

少し歩けばアウトレットモールあしびなーもあるので時間がある人はショッピングも楽しめるよ。

左手に日産を見ながら歩く。

運転免許センターはこの日産のすぐ裏手にある。


2〜3分歩くとすぐに駐車場が見えてくる。


こちらが運転免許センター。


中は結構広々している。


国際免許の手続きは10番カウンター。

国際免許証を取りたいことを伝えて、日本の免許証とパスポートを提出。

こちらが申請書。カウンターにあるのでこれに必要事項を記入。


次に沖縄県証紙2350円分を6番カウンターで購入。

カウンターの人が貼り付けてくれた。

10番カウンターに戻って用紙を提出して…


ちなみにこの張り紙を見て「えっ予約いるなんて聞いてないよ!」と思ったけど、こちらは外国の免許切替についての案内らしい。カウンターでアジア人っぽい人が係員に「準備がいるから予約が必要なんですよ」とか言われていた。

さて、待つこと5分程度で名前を呼ばれた。

できた!


大きさはパスポートより少し大きいくらい。

顔写真入りのIDで、海外でも身分証明書として通用することもあるらしいので取ったけど、正直外国で運転する予定はない(ビビリだから)

手続き自体は全部で20分程度でサクッと終わってしまった。

予想より早く出来上がってちょっと拍子抜け。

道の駅豊崎に寄り道


時間があるので帰る前に道の駅を覗いてみよう〜(あしびなーには行かないのな)


入った瞬間パイナップル山積み。


スターフルーツとパッションフルーツ。


アテモヤは2個で790円。高級フルーツ!


うちなー弁当。ご飯の上にもおかずが乗るスタイル。


島ぞうりいいよね!
400円のくせに履き心地が凄く良い。親指の股が痛くならない。ビーチサンダル欲しい人は沖縄に来て島ぞうり買ったら良いよ。


結局グァバ、卵かまぼこ、カラーピーマン、オレンジ(愛媛産)を購入。グァバの食べ方は帰ってからググろう。

思いのほか道の駅を満喫してしまった。
帰って卵かまぼこ食べよう。


おつかれさまでした〜。

今回手続きに行く前に参考にしたサイトはこちら ⇒国際免許を取ろう!- 海外旅行と国際免許ガイド

 

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

留学準備カテゴリの最新記事