国際郵便でカナダにノートパソコンは送れるのか

国際郵便でカナダにノートパソコンは送れるのか

国際郵便でカナダにノートパソコンは送れるのか

結論から言ってしまえば、送れる

しかし輸送中に壊れる危険性が高いんじゃないかと思うのでぶっちゃけ言うと自分のパソコンなら送りたくない

一応郵便局で送れるか聞いてみたところOKだとは言われたけど。補償はつけておいた方が良いと思う。

キーワードはリチウム電池

ノートパソコンやデジカメの様な電子機器を海外に送る場合にはリチウム電池の取り扱いがキーポイントになるようだ。

リチウム電池を国際郵便で送付する場合には条件があり、この条件を満たさないといけない。

① 機器に取り付け又は機器に内蔵されていること
② リチウムの内容量又はワット時定格値等が一定限度内であること
③リチウム電池の数量制限の範囲内であること
④ リチウム電池の輸入を制限していない国・地域宛てに出すこと

OKかどうか、一つずつチェックしてみる。

① 機器に取り付け又は機器に内蔵されていること

全てのノートパソコンにはバッテリーが内蔵されている。バッテリーの種類はリチウムイオンバッテリー(Li-ion)とニッケル水素バッテリー(Ni-MH)があり、最近は性能の良いリチウムイオンバッテリーが主流になっている。バッテリーがパソコンに組み込まれた状態であれば送ることができ、ノートパソコンは通常この条件を満たしている。バッテリーを取り外してしまうと、パソコン本体は送れてもバッテリーを送ることができなくなる。
OK

② リチウムの内容量又はワット時定格値等が一定限度内であること

一般に流通している電子機器(携帯電話、デジカメ、ビデオカメラ、ノートパソコン等)に使用されるリチウム電池は通常この基準に当てはまるので、問題ない。
OK

③ リチウム電池の数量制限の範囲内であること

一箱につき、リチウム乾電池なら4個、バッテリーなら2個まで。つまりノートパソコンなら2台までは送れる。ノートパソコン1台とデジカメ1台という組み合わせでも大丈夫だ。
OK

④ リチウム電池の輸入を制限していない国・地域宛てに出すこと

カナダは航空便でも船便でも取り扱いOKなので、これも大丈夫。
OK

※参考 ⇒留学生応援ページ 国際郵便楽々ナビ|日本郵便

輸送中に壊れるリスクはどのくらいあるか

何%の確率で壊れます、という数字は無いが、海外の荷物の取り扱いはかなり雑だ。適当に放り投げられたり重いものの下敷きになったりする事は当たり前、くらいに思った方がいい。

一度イギリスから日本に荷物を送ったことがある。届いた段ボール箱の状態を見て言葉を失ってしまった。

その時はクロネコヤマトを使って、新品の段ボールに詰めて送った。日本の会社だし、あまり心配していなかった。荷物が日本に着くのに二週間ぐらいかかっただろうか。

受け取った荷物の状態は凄まじかった。世界を2〜3周回ってきたんじゃないかと思うくらいにズタボロだった。

お前…たった二週間で…一体どんな目にあって来たんだ ( ; ゚Д゚)


この経験があるので、個人的には電子機器は郵送しないことにしている。多少重くても、ノートパソコンもiPadもデジカメも飛行機に乗る時に機内持ち込みの手荷物で持っていく。

スーツケースに入れて飛行機に預けるのも出来れば避けたい。飛行機からスーツケースを取り出して運ぶ際にボンボン投げているのを見てしまったからだ。

もしくは、壊れてもいいや、くらいの気持ちで送るのが良いと思う。

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

 

留学準備カテゴリの最新記事