外国で化粧水が見つからないならミセラーウォーターを使ってみよう

外国で化粧水が見つからないならミセラーウォーターを使ってみよう

外国で化粧水が見つからないならミセラーウォーターを使ってみよう

女性が海外留学に来たら一度はぶつかるんじゃないかという問題が『化粧水が見つからない』

特にしっとり保湿系化粧水が見つからない。

薬局には透明な液体のボトルがたくさん売られている。

しかしこれらはミセラーウォーターという、拭き取りタイプのメイク落とし

留学当初、洗顔→化粧水→乳液という3ステップにこだわっていたので抵抗があったけれど、使ってみると結構便利だった

今では朝は洗顔せずに拭き取り化粧水+日焼け止め乳液でスキンケアが終わるのでとても楽になった。

メイク落とし+洗顔+化粧水がこれ1本で完了!

ミセラーウォーター Micellar Water とは「メイク落とし+洗顔+保湿化粧水」の機能を一本にまとめた、とても便利なスキンケア用品

マルタでは化粧水よりもミセラーウォーターがメジャー

マルタの水道水はとても硬質なので、洗顔するたびに肌にダメージを与えてしまうらしい。

硬質の水が多いヨーロッパでもその考え方が一般的らしく、洗髪は週一回とか、洗顔はなるべくしない方がいいとか、日本とは全く違うスキンケアの常識があるようだ。

スーパーマーケットで買えるお手頃価格ブランド

NIVEA ニベア


安心と信頼のニベア。

右から3番目の、3 in 1 Micellar Cleansing Waterって書かれているのがミセラーウォーター。

Simple シンプル


イギリスブランドのSimple

右の透明ボトル、micellar cleansing waterがミセラーウォーター。

GARNIER ガルニエ


フランスのブランドGARNIER。

Micellar Cleansing Waterと書かれた透明ボトルがミセラーウォーター。

アイメイクも落とせる2層タイプのミセラーウォーターもある。

薬局では敏感肌用ラインが購入できる

マルタの薬局でよく見かける敏感肌用スキンケアブランド

どのブランドもミセラーウォーターは必ず取り扱っているし、更に乾燥肌用・脂性肌用と分けているブランドもある。

だいたい1ボトル250〜400mlで12〜15ユーロ

日本で買うよりも安いし、スーパーのプチプラブランドと比べると使い心地が断然いい

個人的にはちょっと高くても薬局できちんとしたブランドのものを買う方が良いと思う。

VICHY ヴィシー


皮膚疾患に有効なミネラルを豊富に含むフランスの温泉水を利用したブランド。

薄いブルーのボトルに入っている透明のものがミセラーウォーター。

BIODERMA ビオデルマ


「素肌由来」のスキンケアを謳ったフランスのブランド。低刺激で肌に優しい。

透明ボトルの丸っこいボトルがミセラーウォーター。

乾燥肌用・超敏感肌用など。

LA ROCHE-POSAY ラ・ロッシュ・ポセ


皮膚科医も推奨するフランスの敏感肌用ブランド。日本でも見かける。

こちらも透明ボトルがミセラーウォーター。

これも敏感肌用・乾燥肌用などがある。

URIAGE ユリアージュ


フランスのミネラル温泉水を利用したブランド。

透明ボトルがミセラーウォーター。

しっとりタイプ・さっぱりタイプなどに分かれている。


ちなみにイギリスに行った時に化粧水がみつからず右往左往した話はこちら
↓↓

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

マルタ生活カテゴリの最新記事