カナダ赤十字医療機器具貸出プログラムで貸し出している器具

カナダ赤十字医療機器具貸出プログラムで貸し出している器具

カナダ赤十字医療器具貸出プログラムで貸し出している器具

私が参加しているボランティアプログラムの名前は “Canadian Red Cross Health Equipment Loan Program”という。日本語に訳すとカナダ赤十字医療機器貸出プログラムになるだろうか。

主体は赤十字だが、運営は寄付ボランティアでほぼ賄われており、マネージャーやメンテナンス責任者ぐらいしかスタッフは居ない貸出する医療器具も寄付されたものなので、利用者が必要なものが全て揃っているわけではない。

たまにマネージャー不在の日もあるが、年配のボランティアは2〜3年ここで手伝いをしている人が多いので大体の質問には答えることができる。

私がボランティアをしているバンクーバー支部で貸出ししている器具はどんなものかを紹介していきたい。

Wheelchair (Self propelled) :車椅子


こちら一番スタンダードなタイプ。大きなタイヤが付いているので自力で漕げる。体格に合わせて幅が12インチから24インチまであるが、私の職場にあるのは16、18、22インチぐらい。全部揃っているわけではない。

座面の高さはスタンダードが19インチ、Hemiと呼ばれる17.5インチがある。

Wheelchair (Transport) :車椅子その2


こちらは車輪が小さく自分では動かせないタイプ。介助者が押してくれるのが前提条件。利点は普通のタイプよりかなり軽いところ。

Wheelchair for child :子供用車椅子


こちら子供用の車椅子。大人用に比べるとかなり幅が小さい。

Two Wheel Walker :二輪歩行器


多くの人が借りていく二輪歩行器。車輪のついてない足は少し床から浮いている。

Four Wheel Walker :四輪歩行器


タイヤが4つ付いた歩行器。座面やカゴが付いた物もあり、街中で利用している人を時々見かける。

Quad Cane :四点杖


右用と左用があるので、貸出の時には確認が必要。普通の杖よりよく貸出される。

Cane & Cruches :杖&松葉杖


こちらは普通の杖と松葉杖。
松葉杖は身長別になっており、2mまで対応できる。身長2m用のものはかなり長い。

Bed Assist :ベッドアシスト


ベッドのマットレス下にはめ込んで、起き上がる時に掴める手すりになる。

Raised Toilet Seat :補高便座


2〜6インチまである。よく出るのは4インチ。手すり付きのものもある。

Commode :ポータブルトイレ


ベッドサイドに置いておけるポータブルトイレ。

Toilet Safety Frame :トイレ用安全手すり


単品で見るとどう使うのかわからないが、便座に取り付けるとトイレの両サイドの手すりになる。

Bath Chair :風呂用椅子


背もたれ有りと無しがある。シャワールームのサイズによっては小さいものを借りたがる人もいる。

Bath Transfer Bench :バスタブベンチ


湯船の上に渡して、座れるようになるベンチ。シャワーの位置によって右用と左用がある。

Bath Board :バスボード


湯船の上に渡しかけることができる。バスタブベンチと役割は似ている。

Bathtub Safety Rail/ Bath Grab :バスタブ用手すり


湯船に取り付けることができる手すり。

IV Pole :点滴台

 
あまり出ないけど点滴台も貸し出している。


簡単ではあるけれど、ざっとこんな感じ。バンクーバーの辺りではリッチモンド支部が最も大きく、貸出器具の種類も多いらしい。

術後なんかだと一時的にしか使わないのに購入すると各々$50〜300くらいかかるので、無料貸出システムはとても便利だと思う。

寄付された中古品だし色々な人が使っているので使用感はあるけれど、きちんとメンテナンスされている。

私のいるところでは最長6カ月の短期貸出プログラムしかやっていないが、他にも長期貸出プログラムもあるようだ。尤も1年以上使いたい人にはスタッフは購入をお勧めしていた。

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

カナダカテゴリの最新記事