赤十字インターンちょっと困ったお客さん⑥【無料配達サービスがないから泣き出したおばあさん】

赤十字インターンちょっと困ったお客さん⑥【無料配達サービスがないから泣き出したおばあさん】

赤十字インターンちょっと困ったお客さん⑥【無料配達サービスがないから泣き出したおばあさん】

 
私が今携わっているのは『カナダ医療器具貸出しプログラム』のボランティア。このプログラムでは医療機関からの紹介状に従って車椅子や松葉杖を無料で貸し出すことができる。
 
ただし、配達サービスは含まれないので自分で取りに来るか、病院が配達サービスを手配するかのいずれかになる。
 
先日遭遇したのは無料で配達して欲しいと泣き落としにかかるおばあさんだった。

「お金がないの、どうしたら良いのかしら…」という相談

 
ある朝おばあさんが、「車椅子を借りる事になっているんだけど、配達はしてくれないのかしら…」と電話してきた。
 
配達サービスはやっていないので「こちらでは配達サービスはやっていませんが、紹介状を書いた病院が手配してくれますのでそちらに問い合わせてください」と答えた。
 
するとおばあさんは「知ってるわ、有料の配達サービスがあるんでしょ?でも私にはそんなお金は無いの。一体どうすれば良いのかしら…」と涙ながらに語り出した。
 
知ってるんかい。
 
しかし泣かれようともここで取り扱っていない配達サービスを勝手に無料にできるはずもない。何故ここにそんな相談を持ちかけてくるのか。
 
「病院では有料で配達するって言っていたけどお金がないのよ…車椅子がないと動けないわ、どうしたら良いの…」とおばあさんは繰り返す。
 
いや、お金払ってよ。

配達料を踏み倒そうと粘るおばあさん

 
とは言え、そうバッサリ言ってしまうのは失礼かもしれない。
 
どう対応したものか分かりかねたので、とりあえず名前を聞いてこちらで配達の手配ができているのかどうかを確認した。
 
配達サービス用の書類ボックスを見ると、おばあさんの名前は見つかったし車椅子自体も準備されている。あとは配達されるのを待つのみだ。
 
「こちらでの手配はできていますので、明日以降に届くと思いますよ。大丈夫ですよ」と宥めにかかってみた。
 
しかしおばあさんは「配達サービスに払えるようなお金は持っていないのよ。体は思うように動かないかないし、年金は少ないし、どうしたら良いのかわからないわ…」と繰り返しながら涙声になってきた。
 
いや、だからお金は払ってくださいよ
 
なんで料金踏み倒そうとしてんのよ
 
どうしたらいいのか分かってるでしょ?
サービスを受けるために料金払わないといけないでしょ?
それが嫌だから電話してきてるんでしょ?
 
そもそも配達サービスの手配をしたのは病院だから、泣き落とすなら病院に電話してくださいよ
 
どうしたもんかなーと思いながらも「こちらでは準備できていますから明日以降に車椅子は届きますよー、大丈夫ですよー、心配いりませんよー」と宥めてみたが、おばあさんはまだべそべそと泣き言を繰り返す。
 
ラチがあかないと思い「明日車椅子は届きますから問題ないです!大丈夫!」と言い切って電話を終えた。

とうとう同僚がキレた!

 
そして次の日、同僚が同じおばあさんからの電話を受けた。
 
やはりおばあさんはお金がない、どうしたら良いのかわからないと泣きながら訴えてきた。
 
同僚は「それはこちらのサービスではないので配達を手配した病院に相談してください」と言って電話を切っていた。
 
そりゃそうだ。
 
そしてその10分後ぐらいにまた同じおばあさんからの電話が!
 
先の電話を受けたのと同じ同僚が対応したが、やはり同じように「お金がない、どうしたらいいのか分からない」と繰り返すばかり。
 
同僚も初めは「昨日も説明したけれど、それは病院に問い合わせてくださいね。こちらの担当ではありませんよー」と丁寧に対応していた。
 
しかしおばあさんが全くこちらのいう事に耳を貸さず「お金がない、どうしたらいいのか分からない」と泣きながら繰り返すばかりなので、しまいに同僚がキレてしまった。
 
「昨日から手助けしようとしてきたけれどもうウンザリだ!うちで出来ることは何も無い!!もうあんたと話したくない!!じゃあな!!!」
 
と言って電話を切った。
 
普段とても穏やかで辛抱強い人なので、この人をここまで怒らせるおばあさんもすごいと思ったし、(お客さんにここまではっきり言っちゃっていいんだ〜)というのも、ちょっと感動だった。
 

 
つまるところ、おばあさんは誰かが根負けして「大丈夫ですよ、お金を払わなくてもいいですよ」と言ってくれるのを期待して電話をかけ続けていたのだろう。
 
しかしそんなことは起こらない。
 
日本でも「お金がない」と窮状を訴えて料金を踏み倒そうとする人は時々居たので、何処も同じですなぁというのが正直な感想。
 
では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

カナダカテゴリの最新記事