海外転出届を出して住民票を抜いた場合、住民税はどうやって支払う?

海外転出届を出して住民票を抜いた場合、住民税はどうやって支払う?

海外転出届を出して住民票を抜いた場合、住民税はどうやって支払う?

1〜5月に留学に出発する社会人に発生する住民税問題

ピンポイントで自分にしか役に立たない記事だけど、前回留学に行く時にも同じように税金支払い関係で悩んだ覚えがあるので覚え書きとして書いておこう。

来年また同じように悩むかもしれないしね、記憶力ミジンコだからね。

会社に勤めていた時には給料天引きだったから気にした事も無かった住民税の支払い。仕事を辞めたら自分で手続きしないといけない(あたりまえ)

普通は6月に住居に振込用紙が送られてくるのでそれで支払えば良い。

でも留学中だと日本の住所に送られても自分はそこに居ない。更に考えると、海外転出届を出して住民票を抜いてしまったら宛先不明になってしまうんじゃないか!?

疑問だらけだけど、どうしようかな。

4月末に退職して、5月に転居・留学する場合

今回私は
4月下旬 退職
5月初旬 実家に転居
5月中旬 留学に出発
というスケジュールになっている。

今年の1月1日には沖縄県に住んでいたので沖縄県民として住民税が発生する。なので6月頃に住民税納付書が沖縄県から送付されてくる予定なのだが、ここで問題が。

留学のために海外転出届を提出して住民票を抜くため、6月に自分宛に送付されるはずの住民税納付書がきちんと届くかどうかがわからない。

住民税納付書の送り先について市役所に聞いてみた


天気は良いし、やたらと南国ムード漂わせているこちらが市役所。

住民税は市町村の管轄なので市役所に確認。引っ越しの手続きのために市役所に行かないといけなかったので待ち時間に住民税の窓口に寄ってみた。

住民税についての窓口は市民税課

こんにちは〜。窓口は混んでないしゆっくり話しても大丈夫かな。

私「今年1月1日は沖縄に住んでいました。5月に県外にある実家に引っ越して、それからすぐに海外に行くために住民票を抜いてしまいます。6月の住民税支払い用紙は実家に届くでしょうか?」

役所「大丈夫だと思いますよ。支払い用紙を使って家族の方にお支払いいただければ大丈夫です」

私(その支払い用紙がちゃんと届くかどうかが不安なんだよな〜)

私「ちょっとお聞きしたいのですが、こちらでは転出した市民の住所をどうやって確認していますか?今回の引っ越しで沖縄に転出届、実家の住所で転入届を出しますが、その後すぐに住民票を抜いて外国に行きます。この場合、私の住所はどうやって追跡しますか?」

役所「あ〜、大丈夫だと思いますけど」

私「住民票を抜いていても届きますか?」

役所「う〜ん、どうでしょうね。住民票を抜いてしまっていると宛先不明で戻ってきてしまうかもしれませんね…。それからなぜ宛先不明になったのか調査して、国外に居るということが分かれば一旦保留され、帰国してから支払い請求が再開されます」

私「その場合延滞料金は発生しますか?」

役所「するかもしれませんね…」

私「もう一度確認しますが、転出者の住所はどうやって確認していますか?」

役所「最新の転入先をお調べしていますが…」

私「転入してから海外転出届を出して住民票を抜いてしまった場合は?」

役所「…どうなんでしょうね。追跡できないかも…

だんだん歯切れが悪くなってきてしまった。しつこく突っ込んで聞いてしまったのが良くなかったかも。答えづらいよね、ごめんなさい。

とりあえず『ハッキリしたところは分からない』という事にして、次善策を教えてもらった。

対策は

① 納税管理人を申請する。
② 口座振替を利用する。

この二つのどちらをやっておけば良いらしい。

納税管理人を申請する

これの手続きは納税課になる。


市民税課の右手側をずーっと進むと納税課がある。


こちらの窓口で、納税管理人について質問したい旨を伝えると対応してくれる。

家族の誰かを納税管理人に指名しておくと、その人に納税通知書が届くようになるそうだ。あとは納税管理人が通常通りに納税通知書を使って振込をすれば良い。


これが納税管理人申告書。市役所の納税課でもらえる。

この書類で申請できるのは『住民税に関わる納税管理人』だけ。他の税金に関しては各々の管轄に従って、市役所か税務署で手続きしないといけないようだ。

指名される納税管理人(家族)の印鑑とサインが必要なので、私の場合は実家に帰ってからでないと書類が書けないのが難点。ただし書類は郵送でも受付してくれるので、引っ越ししてからでも手続きできる。

口座振替で支払う

これまでは住民税は給料天引きだったので気にしたことが無かったが、住民税も銀行口座から自動振替できる。これも納税課で口座振替申込書がもらえる

必要事項を記入して、銀行窓口に持って行って手続きをする。


これが口座振替申請書。

必要事項を記入して銀行の窓口に提出すればOK。

これなら引っ越し前に手続きできるので、今回自分は口座振替手続きを取ることにした。

実際にやってみると、上の用紙に記入して銀行の窓口に提出するだけ。5分程度で手続き終了するので思ったよりもずっと簡単だった。


色々面倒な手続きがあるのかと思ったけど、最終的には口座振替の手続きだけで済んだので案外さっくり簡単に済んでしまった。

あとは7月初旬に住民税が引き落とされているかどうかをネットバンキングで確認したらOKだ。一仕事終了〜(*´꒳`*)

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

留学準備カテゴリの最新記事