イギリスで化粧水が見つからない理由とその対応

イギリスで化粧水が見つからない理由とその対応

イギリスのスキンケア事情

保湿化粧水が見つからない

イギリスの生活にも慣れてきた頃、日本から持っていった化粧水が無くなったので町の薬局に化粧水を買いに行った。

スーパーにも薬局にも化粧品は棚一面に並んでいる。
せっかくなので良さそうなイギリス製化粧水を探してみよう。
きっと何か良いのが見つかるだろうと期待していた。

店先にあるサンプルを使って化粧水を試しに手につけてみるが、さっぱりタイプの化粧水ばかりでしっとりタイプが見つからない
イギリスは日本より乾燥しているのできちんと保湿してくれる化粧水が欲しい

なのに手のひらに付けてもすーっと飛んでいくようなさっぱりタイプの化粧水ばかり。
Moisturizer(保湿液)と書かれたボトルを試してみるが、こちらは乳液のようなトロッとしたものばかりだ。今欲しい保湿系の化粧水とはちょっと違う。

透明で、しっとりした、保湿化粧水が欲しいのに!

結局その日は諦めて一旦帰り、後日もっと大きな薬局に行ってみた。
しかしいくら探してみても日本で使っていたような保湿化粧水は見つからなかった

どういうことだろう。
こんなに乾燥した気候なのにイギリスの女の子は保湿しないのか?
慣れているから平気なのか?

テレビで化粧水のコマーシャルをやっていないか観てみたが、コマーシャルも無い。

ニベアのCMはしょっちゅう流れているのに。
そのニベアのCMもよく見てみるとシャワーから出たばかりの女性が顔にニベアをそのまま付けている。
化粧水で保湿するステップが無い
CMだからその商品しか映さないのか?
それとも化粧水程度の保湿では追いつかないから直接クリームをつけているのか?

Cleanse(洗浄)→Tone(引き締め)→Moisturize(保湿)の3ステップ

結局のところ、イギリスのスキンケアは日本とは全く違うということだった。

曰く、水道水が硬水なので洗顔フォームで洗顔すると肌が荒れるから洗顔は朝一回
夜はふきとり式メイク落としで顔を拭くだけ。そのあとは引き締め化粧水で顔を拭いて、そしてクリームなどで保湿というステップらしい。

日本では朝夕『洗顔で汚れを落とす→化粧水で保湿→乳液で蓋をする』が基本3ステップだったので違いに戸惑った。

化粧水は汚れを落とし、肌を引き締めるためのもので、保湿の役割は担っていないということか。
保湿は乳液やクリームなどの保湿液の仕事というわけだ。

 

参考までに、これはイギリスでよく見かけるsimpleというブランド。

スキンケア簡単3ステップとしてこの3商品を挙げている。 facial wash(洗顔)toner(引き締め化粧水)moisturizer(保湿液)だ。

この辺りのスキンケア事情は『イギリス、スキンケア』『ヨーロッパ、スキンケア』で検索するとヒットする。 みんな似たような疑問に当たったんだなぁ…

保湿化粧水の代わりに使ったもの

薬局でサンプルを使いまくって最終的にGARNIERMoisture Matchというジェル状の保湿液に落ち着いた。


これだと透明だし(何故か透明であることにこだわっていた)、つけ心地もしっとりしていて日本で使ったことのあるオールインワンジェルに近かった。

今思えば日本と同じスキンケアにこだわる必要はなかったのだが、当時は保湿化粧水が手に入らず、そのままでは顔がカピカピに乾燥していくので本当に困っていた。

化粧水がなければそのまま乳液状の保湿液で良かったのだろう。
しかし化粧水を先につけて水分を補わないと乳液も意味が無いと思っていた。

当たり前だと思っていた日常の習慣が、当たり前じゃなかった。

世界中の女の子が自分たちと同じような方法でスキンケアしているんだと思っていたが、そんなはずはなかった。

こんな些細な習慣の違いがきっと山程あるのだろう。

 

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ


全品送料無料!海外コスメの激安通販ならベティーズビューティーへ


コスメキッチン


ファンケル【無添加ホワイトニング 美白1ヵ月実感キット】

イギリスカテゴリの最新記事