【2019年】マルタで一年間の学生ビザを申請:その5【学生ビザ解決編】

【2019年】マルタで一年間の学生ビザを申請:その5【学生ビザ解決編】

【2019年】マルタで一年間の学生ビザを申請:その5【学生ビザ解決編】

マルタに一年間語学留学する予定だったので、マルタに到着してすぐに一年間のビザ申請の手続きを進めた。

しかしハッキリした理由がわからないままに却下され、200日分の学生ビザしかもらえなかった。

そのため今回は学生ビザの延長手続きをする事になった。

ちなみに前回ビザが却下された時の恨み節はこちら
↓↓

マルタ学生ビザを一年間申請しようとして却下されていた理由

これは伝え聞いた話なので確かではないのだけれど。

なんでも2019年の頭あたりでビザに関する不正が発覚したらしい。

簡単に言えば賄賂を受け取って就労ビザや長期学生ビザを発行している職員が居たという話らしい。

そのせいで、一年間の長期学生ビザを発行しないようにしていたらしい。

この話が本当だとしたら完全にとばっちりだったので、ホント勘弁して欲しい。

ビザ延長手続きは簡単だった

初回の学生ビザ申請と比べると今回の延長手続きはずいぶん簡単に思えた。

学校のビザ担当者も「延長手続きは簡単だからなんの心配も要らないよ〜」と言っていたが、その通りだった。

もちろん一回やった事があるから簡単に感じるという部分も大きいと思うけど。

揃える書類は初回と同じ。

1.申請用紙
2.語学学校からのレター
3.パスポート原本と全ページのコピー
4.銀行残高証明(英語・ユーロ記載)
5.海外旅行保険証券(英語・ユーロ記載)
6.クレジットカードのコピー
7.現地AMTでお金を引き出した時のレシート
8.復路航空券
9.顔写真2枚
10.申請代金66ユーロ

ただ、それを提出した時の対応が初回と違っていた。

初回では係員との面接というか質疑応答の様なものがあったけれど、再申請では書類を窓口に提出するだけで終了。

呆気ないほど簡単だった。

最後に受け取り日時を書いた紙を渡される。

パスポートを受け取るためにはこの紙が絶対に必要なので失くしたり忘れたりしないようにしよう。

無事1年分のビザを取得!

受け取り時間が平日の昼までだったので、語学学校の休み時間にビザセンターに行ってきた。

しかし絶対に忘れてはいけない例の紙を何故か教室に置き忘れてきたことをビザセンターにたどり着く直前に思い出しため20分かけて学校に戻る羽目になった。

ちょっと自分に嫌気がさすウッカリ加減。

これでビザが貰えなかったら心折れるなと思いながらパスポートを確認。

前回はここでビザが一年分降りていない事が判明して思いっきりパニクったのでした。
↓↓

今回もドキドキビクビクしながらビザのページを確認して…

……

無事一年分のビザゲットーーーーーーーーー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

いやーーー、ホントに良かった!!!

おめでとう!わたし!!!


ただ正直言ってマルタに一年間の語学留学というのは長すぎるなー、と感じていたところなので初回に比べると感動は薄かった

カナダやイギリスに比べると短期留学生が多いせいで人の入れ替わりが激しく、折角仲良くなってもすぐにみんな居なくなってしまうのが悲しかったし、日常で耳にするマルタ訛りの英語にもちょっと疲れていた。

マルタ長期留学してみた感想もそのうち書いてみようと思う。

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

マルタ英語学校・英語学習カテゴリの最新記事