マルタでスマホを使う:その1【VodafoneのSIMカードを自力でセットアップ】

マルタでスマホを使う:その1【VodafoneのSIMカードを自力でセットアップ】

マルタでスマホを使う:その1【語学学校で貰ったVodafoneのSIMカードを自力でセットアップ】

学校初日にSIMカードを貰った

マルタの語学学校では、初日のオリエンテーションで希望者にはSIMカードを無料で配ってくれるところが多いらしい。


私の通う学校で渡されたのはVodafoneのSIMカード。

SIMカードは普通サイズ、マイクロSIM、ナノSIMに合わせて切り取れるようになっている。

切り取ったSIMカードをスマホに差し込んで…、セットアップしないとな

しかしここは初めて訪れる海外。全く勝手がわからない

学校の学生係さんにどうしたらいいか聞いてみたら「近所にVodafoneショップがあるのでそこで手続きしてきてください」と。

学校近くのVodafoneショップに行ってみたが…

学校から徒歩5分程度の場所にVodafoneショップはあった。

SIMを突っ込んだスマホと、学校からもらったSIMカードの殻をショップの店員さんに手渡したが、「システムトラブルが起こっているせいで今ここでは何もできない」と言われてしまう。

…なんですと?!!

どうやらこの日、付近一帯が停電になっているためVodafoneもシステムダウンしていてWiFiも繋がらず、店頭でセットアップの手続きができないらしい。

…( ゚д゚)ソウデスカ

仕方がないのでアパートに帰ってWiFiに繋ぎ、自力でセットアップしてみることにした。

セッティングはびっくりするくらいシンプル

セッティングの方法はホームページに載っていた。

アンドロイドなら、セッティング>ワイヤレスとネットワーク>ネットワーク追加>アクセスポイントの名前、と進んで新しいAPNを追加する。

設定項目は二つだけ。

APN Name: connect
APN: connect

本当にこれだけでセットアップが完了したのか不安だったので、翌日アパートの近くの店舗で確認してもらったけど、これだけで本当に大丈夫だった。

iPhoneはさらにシンプル。

モバイルデータをオンにするだけ。

電話番号はカード裏 MSISDN

カードの裏に電話番号が書いてある。

MSISDN: 00356********

356がマルタの国番号で、それに続く8桁の********部分が電話番号


あとはVodafoneのホームページから料金をチャージすれば携帯が使えるようになる。

料金チャージについては次回更新で記事をアップ予定。

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

マルタ生活カテゴリの最新記事