イギリスの洗濯機は部屋を揺るがす

イギリスの洗濯機は部屋を揺るがす

イギリスの洗濯機は部屋を揺るがす

日本のものとは一味違うイギリスの家電製品

小型化・軽量化・消音・省エネにしのぎを削る日本の家電業界に喧嘩売ってるとしか思えない、デカイ・重い・うるさいイギリスの家電製品。
洗濯機もデカく、うるさく、無駄にパワフルだ。

洗濯機はキッチンにある

洗濯機はキッチンの下に作りつけられている事が多い。

配水の都合なのか、初めて見たときには何故キッチンに洗濯機があるの?と不思議だった。

家事関係がキッチンにひとまとまりになっているので、慣れると案外使いやすく感じるようになったが。

洗濯に3時間かかる

一度洗濯機を回し始めると終わるまで3時間はかかった。

イギリスの洗濯事情についての他のブログを見ると2時間くらいで終わるようだが、私の居たフラットの洗濯機は古い型だったのだろうか、3時間はかかっていた。

洗濯モードに『mini 30』と書かれたダイヤルがあり、それで選択すると30分で終了したのでもっぱらこの『mini 30』ばかりを使っていた。

おそらく日本で言うところの『オシャレ着洗い』か『少量洗濯』の様なものだったのだろう。

洗濯中は部屋が揺れるくらいに振動する

古い洗濯機だからなのか洗濯中はとにかく音が大きくうるさい。
機械の駆動音と言うのか、モーターが回る機械音がまず大きいのだ。

ドラム式なので洗濯槽は縦に回転し、持つ上げられた洗濯物が下に叩きつけられて洗われるが、この洗濯物と水が落ちる音もバシャンバシャンと大変にやかましい

更に脱水になるとパワーアップする。
脱水のために高速回転するのだが、洗濯機のみならず部屋全体が震度2くらいで揺れるのだ。
レンガ造りの頑丈な住宅が。

そのパワーは凄まじく、キッチンから廊下を隔てた自室にいても震度1程度の微かな揺れを感じることができた。
初めて洗濯機を回した時には本気で地震かと疑ったほどだ。

日本でこの洗濯機を使ったら上下左右の隣近所から苦情の嵐が来るだろう。

その割には綺麗に洗えていない

それほどやかましく力強く洗うわりにはあまり綺麗にならない印象だった。
白いTシャツは段々とくすんだグレーになっていく。
少しずつの変化だったのではじめは気づかなかった。
新しい白シャツを買った時に古いシャツがあまりにも薄汚れた灰色になっていたことに気付いて驚いた。

脱水もさほど搾れていない。
あんなに回転していたのは何の見掛け倒しだったのかと思うくらいに水気が残っている。

とは言え、湿気が少なく洗濯物は乾きやすいのでそのまま干しても大した問題ではなかったが。

生地が痛む

水が硬水だからなのか、力強く回転する洗濯機のせいなのか分からないが、服の生地は傷みやすい。
タオルは柔軟剤を使わずに洗うと、数回の洗濯で長年使い倒したタオルの様にバリバリでゴワゴワになる。
Tシャツ類も洗ううちにねじれて型崩れしていくので、洗うたびに捻れを戻して干していた。

一度うっかりブラジャーを洗濯機に入れてしまい、ワイヤーから変形させられてしまった。
頑張って戻そうとしたが戻らなかった。
下着類は手洗いが良いと思う。


以上、洗濯中の振動で隣の食器棚から皿を落として割ることもあるイギリスの洗濯機の話でした。

イギリスの掃除機の話はこちら
↓↓

 

では今回はこの辺で。
(°ω°)ノシ

イギリスカテゴリの最新記事